products

ブラウンの黒い液体の酸のプロテアーゼAP-150の技術的な等級のエタノールの酵素150000 U/Ml

基本情報
起源の場所: 中国江蘇省
ブランド名: Boli
証明: Halal, Kosher ISO9001, ISO14001, ISO22000
モデル番号: 酸のプロテアーゼAP-150
最小注文数量: 400Kg
価格: Negotiable
パッケージの詳細: 25kg、30kgプラスチック ドラムか1125kg IBCは運びます
受渡し時間: 15-20 日
支払条件: T/T、L/C、D/P
供給の能力: 1000MTへの1年ごとの1500MT
詳細情報
アプリケーション: エタノールの生産 アクティビティ: 150,000 U/ml (最低)
外観: ブラウンの黒い液体 組織的名前: 欧州共同体3.4.23.18
緊張: コウジカビ ニジェール 宣言された酵素: プロテアーゼ
ハイライト:

発酵の酵素

,

アルコール酵素


製品の説明

 

  酸のプロテアーゼAP-150

 

のために適した強いプロテアーゼ

エタノールの生産の高い濃度の発酵、

可能イースト成長を促進するため、

 より多くのエタノールの収穫を可能にして下さい

費用効果が大きい方法で

 

 

記述

  • 酸のプロテアーゼAP-150はAspergillusnigerから水中に沈められた発酵および抽出および精錬の技術による作り出されます。それはproteinsunderの酸性状態の加水分解に触媒作用を及ぼすことができます。AP-150は酸性媒体の蛋白質の加水分解に適当です。
  • AP-150はエタノールの生産のために適しています。


製品特性

宣言された酵素:    プロテアーゼ
組織的名前: 欧州共同体3.4.23.18
活動:  150,000 U/ml (最低)
出現:  黒い茶色の液体
プロダクトpH:  2.5~5.0
比重:  ≤1.25 g/ml


 

PHの効果

  • AP-150は2.0から2.5から3.5まで最適pHとの6.0までpHの範囲で働くことができます。


温度の効果

  • AP-150は30からの40からの50°C.に最適の温度の65°Cに温度で働くことができます。


金属イオンの効果

  • AP-150はMn2+、Ca2+およびMg2+によって活動化させ、Cu2+、Hg2+およびAl3+によって禁じられます。

 

利点

  • 発酵プロセスのAP-150の使用はエタノールの生産に次の利点を提供します:
  • 分解する原料の粒子を促進して下さい
  • AP-150は原料の蛋白質を加水分解できましたり従って微粒で包まれる糖化を促す澱粉を解放するために澱粉の微粒の間質性の細胞壁の構造を、破壊します。
  • 再生が付いているイーストの成長を促進して下さい
  • 自由なアミノ窒素(FAN)はイーストのための最も有効な窒素の源です。アルコール性の発酵の間のAP-150を加えることは効果的にイーストが吸収し、イーストの成長を促進し、量の発酵させたマッシュのイーストを増加し、発酵周期を短くすることができる従ってファンを発生させるために原料の蛋白質そしてペプチッドを加水分解できます。

 

  • 高い濃度の発酵に有利
  • アルコールの高い濃度の発酵では、それはアルコールの蓄積が発酵の活動の減少をそれもたらすよりもむしろ主に栄養の不足です。自由なアミノ酸(ファン)はまただけでなく、発酵周期を短くしアルコールの出力を高めることができますが、イーストのエタノールの許容そして残存率を改善します。従って、AP150isイースト成長のための最もよい栄養素および発酵のための加速装置。

 

適用指針

 

  • 断続的な発酵では、それは発酵タンクが材料3分の1ので満ちているとき同時に加えられるべきです。
  • 連続的な発酵では、それは発酵タンクの入口で与えられる糖化のマッシュの量によって連続的に加えられるべきです。
  • AP-150の推薦された適量は0.001から0.01% w/w (乾燥した固体基礎)です。実際の適量は生産の原料そしてプロセスによってあるべきです。

 

 

 

証明書:
  • ユダヤのハラール
パッケージ:
  • 25kg、30kgプラスチック ドラムか1125kg IBCの戦闘状況表示板
保存性および貯蔵:
  • 典型的な保存性はこのプロダクトが日光から保護される元の包装で0∼ 10°Cで、密封されて開いていない貯えられれば6か月であり。
  • 従ってより高い温度のような延長された貯蔵や不利な条件はより高い適量の条件をもたらすかもしれませんでしたり避けるべきです。
 

連絡先の詳細
Edna